カードローンの選び方

カードローンという呼び方は様々なところで使われています。消費者金融のキャッシングや銀行の小口融資の総称として「カードローン」という言葉が使われる場合もあります。

 

おなじカードローンという呼び方をしていても、消費者金融と銀行では大きく違うので、その違いを知っておけば、キャッシングは便利なツールになります。

 

即日融資でおすすめは消費者金融のキャッシング

消費者金融は、お金を貸すことだけに特化しているので、金利は銀行より少し高めになりますが、審査が緩く、多くの人が利用できるようになっています。またこれまで積み上げてきたデータやノウハウを利用したスピード審査が可能で、今日明日中にお金が必要と言う場合は消費者金融の即日融資がおすすめです。

 

ただ、消費者金融は総量規制の対象になるため、融資限度額は最大で年収の3分の1以内という制限があるので、無収入の専業主婦の利用は難しくなります。

 

金利で選ぶなら銀行カードローンがおすすめ

「キャッシングといえば消費者金融」というように思われがちですが、銀行も小口融資に力を入れています。銀行は独自の審査基準を設け、顧客獲得のために金利を抑えようと努力しているので、金利を重要視する場合は、銀行カードローンを比較してみましょう。

 

ただ、金利が低くなればなるほど審査は厳しくなることや、そのために審査に時間がかかります。また、申込をした銀行に口座を持っていなければならない場合や、書類が郵送になるための時間が必要で、すぐには使えないのがデメリットです。

 

しかし、銀行カードローンは金利が低いので大口融資を考えている人や、年収制限に関係なく借りたい人などにおすすめです。

 

一部の銀行カードローンは、無収入の専業主婦でも申込ができるカードローンもあるので、専業主婦でもキャッシングが始められます。

 

銀行カードローンを選ぶときのポイント

基本的に、銀行カードローンならキャッシングが初めてと言う方でも安心です。

 

そのほかにどこで借りるかを選ぶ時のポイントは、

  • すぐに借りたい時は、即日融資が可能な銀行カードローンを選ぶ
  • 長期借入を考えている人は、少しでも低金利のカードローンをさがす。
  • 専業主婦のキャッシングが可能か(専業主婦の場合)

というように、目的を決めて、口コミや情報サイトで探せば、希望通りの銀行カードローンが選べます。