年収はカードローンに影響するのか?

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの大きな違いは、総量規制の対象になるのかならないのかで大きく違ってきます。

 

キャッシングを申込む前に、総量規制を理解しておく必要が有ります。

 

総量規制が出来た理由

2010年の貸金業法の改正があり、新しく総量規制が完全施行となりました。総量規制では、ノンバンク(消費者金融や信販会社)が融資するときの上限が決められました。

 

ノンバンクが融資出来るのは年収の3分の1以内に制限されるようになりました。

 

この法律は、消費者金融の融資限度額が決まっていないことから、貸せる人にはいくらでも貸すという事が続き、返済を考えずに借入れをした消費者は、返済が続けられなくなり、夜逃げや破産宣告をする利用者が急激に増えました。

 

そこで、金融庁は過剰融資を抑えるために貸金業法の改正をおこない、その中で消費者金融の融資限度額を決めた法律です。

 

総量規制の適用はノンバンクだけ

この法律は貸金業法とあるように、ノンバンクが守らなければならない法律で、違反すれば厳しく罰せられるようになっています。

 

たとえば、借入希望額が50万円をこえる場合や、他社で借入が有るときはその借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合は、収入証明書類(源泉徴収票や納税証明書、直近の給与明細書など)の提出を求め、年収の3分の1を超えていないか確認をする事が義務付けられています。

 

ただ、すべてが総量規制の適用を受けるのではなく、「おまとめローン」や「事業者ローン」などの商品は規制の対象外になります。

 

銀行カードローンは総量規制対象の適用外

銀行は銀行法があるので総量規制は適用されないので、銀行はそれぞれが独自の審査基準を設け、その基準でお金を貸すので年収による制限がありません。

 

審査で貸してもよいと判断できれば、年収の3分の1にとらわれることなく融資が可能で、年収による影響を受けないことから、最大融資限度額が1,000万円といった大口融資も可能になっています。

 

また、銀行カードローンは無収入の専業主婦でも個人名義で申込ができる商品もあるので、主婦層の間でも人気があります。キャッシングをこれから始める人におすすめなのは、金利が低い事や、銀行と言う安心安全でお金が借りられる事を考えると、銀行カードローンも選択肢の一つに考えてみるのはどうでしょうか。