専業主婦におすすめのカードローン

消費者金融のキャッシングは、2010年貸金業法の改正後は総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるようになり、この法改正の影響で、収入のない方は、消費者金融でキャッシングができなくなりました

 

専業主婦は銀行カードローンが安心

消費者金融は貸金業法に基づいて融資を行っていますが、銀行は銀行法が適用されるので、総量規制による影響はありません。

 

消費者金融には「配偶者貸付」という総量規制の対象外になる商品がありますが、大手消費者金融で専業主婦が融資を受けるにしても、ほとんどのところが申込者に収入がある事が条件になっているので、実際のところ無収入の専業主婦は、キャッシングが出来ません。

 

一方、銀行カードローンは総量規制の対象外になるので年収に影響される事はありません。

 

銀行カードローンには専業主婦専用の商品が用意されている銀行もあり、それらのカードローンならキャッシングが可能です。

 

主婦専用のカードローンを比較する。

ソニー銀行カードローン

ソニー銀行は一時申込を受け付けていませんでしたが、ハイスペックになり、新たな申込を受け付けるようになりました。

 

年利 2.5%~13.8%
融資限度額 800万円

 

ソニー銀行カードローのスペックは年利2.5%~13.8%、融資限度額は800万円というように変わりました。中でも、専業主婦専用の商品も新たに追加され、融資限度額50万円までが利用できるようになりました。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

「バンクイック」は最短即日融資も可能で、年利4.6%~年14.6%、最大融資限度額は500万円まで、というカードローンです。それ以外に融資限度額が30万円までですが、専業主婦専用の商品が用意されています。

 

年利 4.6%~年14.6%
融資限度額 500万円

 

イオン銀行「カードローンBIG」

イオン銀行カードローンBIGは、年利3,8%~13,8%という低金利と、融資限度額は最大800万円まで、となっていて金利の低さにおいても、イオン銀行カードローンBIGは業界で目を引く強みを発揮しています。専業主婦専用の商品として50万円までの融資が受けられます。

 

年利 3,8%~13,8%
融資限度額 800万円

 

そのほかにも専業主婦専用のカードローンも徐々に増えていますので、口コミの情報を参考にすれば、より利用しやすいカードローンが選べるはずです。